数学が苦手を克服するための二次関数

数学が苦手を克服するための二次関数の特別個別指導

数学が苦手を克服するための、数学の基本である「二次関数」の特別個別指導です。

数学って、どうしたらできるようになる?という疑問に応える個別指導の講座です。
数学は得意・不得意が非常に分かれやすい教科です。
数学が苦手な人からすれば、デキる人はなぜあんなにスラスラと問題が解けるのか不思議でしょう。
一方、数学が得意な人は、問題を前に呆然としている人を見て、なぜそんな簡単な問題も解けないのかと不思議に思ったこともあるのではないでしょうか。
いったい、数学の得意・不得意の差はどこから生まれてくるのでしょうか。

数学って、どうしたらできるようになる?

数学に必要な5つの能力

数学の得意・不得意の差は、もちろん過去の学習の仕方など様々な要素はありますが、
一番大きな差は「数学」という教科に対する捉え方の差です。

数学が苦手な人は、

  • 数学は答えを出す学問だ。
  • 答えを出すためには計算が大切だ。
  • 計算をスムーズに進めるためには公式が大切だ。
  • だから公式を覚えさえすればなんとかなる!

このような捉え方をしている人が多いようです。
もちろん、数学は答えを出さなくては意味がありませんし、答えを出すためには計算ができなくてはなりませんし、公式や定理なども知っておかなくてはなりません。
しかし、公式や定理を覚えて計算がスムーズにできるだけでは、センター試験でも良くて50点くらいまでしかとれません。

では数学が得意な人は数学をどのように捉えているかというと、

  • 数学は答えを出すための考え方を学ぶ学問だ。
  • 計算は最終的に答えを出すための作業にすぎない。
  • 問題をどう捉え、読み解き、どのような式を立てるかが大切だ。
  • だから1つ1つの問題をしっかりと考えて解かないとダメだ!

センター試験をはじめとする大学入試では、教科書の練習問題のような1問1答形式の問題はほとんど出ません。
教科書の問題はあくまで1つのパターン解法であって、実際の入試ではそれらのパターンを2つも3つも組み合わせたり、あるいは自分で1から論理を組み立てて答えを導かなくてはならないような問題が大半です。
公式や定理はもちろん大切です。ただそれらはあくまで答えを出すための道具であって、大切なのはその道具を「どの場面でどのように使うか」、その判断が適切にできることです。

その判断を支えているのが、次の5つの能力です。

数学の能力

図を見ていただいたらわかるように、5つの能力【読解力・表現力・論理力・立式力・計算力】の中心に【知識】があります。
これは、それぞれの能力の土台や仲介役になっているのが【知識】であることを表しています。
たとえば、「二次関数のグラフの形状は放物線である」という【知識】がなければ、「二次関数のグラフをかく」という【表現力】は非常に困難なものになります。
そしてこの【知識】と5つの「能力」のそれぞれは互いに連動しあっており、どれか1つの能力を鍛えればその分点数が上がるというものではありません。
大学入試でしっかりと点数を取ろうと思ったら、知識のみならず、この5つの能力をバランスよく鍛える必要があります。

フォローする

 

お問い合わせ
無料体験授業
無料相談会

お気軽に【お電話】もしくは
【各フォーム】
にて、お願いします。

TEL 082-568-8081
電話受付時間 13:00 – 21:30 [日・祝日もOK]

無料体験授業
90分の授業を全教科無料で体験できます。
  
無料保護者相談会
学習、進学、受験などのご相談を承ります。
 

塾へのアクセス

広島駅南口(在来線口)から徒歩5分
1階に「キンキホーム」のある細長いビル(リヴァサイドビル)の6階が受付です。

個別指導塾フェイスの地図|広島の個別指導の塾フェイス

googleマップで見る

〒732-0821
広島市南区大須賀町13-11
リヴァサイドビル6f
個別指導塾フェイス
【広島駅南口から徒歩5分】
TEL 082-568-8081