【英語】+20点!センター試験/マーク模試で得点を上げる解き方

大問5(物語文の読解)の解き方

大問5に限らず、センターのすべての英文読解問題に言えることですが、

設題と選択肢を読み ⇒ 問題本文を読む

の順序で解くと効率がよい。

理由は3つあります。

  1. 記憶する量が少なくてすむ(明らかに問題本文の情報量より設題と選択肢の情報量がすくない。)
  2. 設題と選択肢を先に読むことで、意図をもって問題本文を読むことができ、英文が頭に入りやすい。
  3. 結果、問題本文の2度読みが減り、解答の精度が高まる。

設題と選択肢から読む

下図は、2017年のセンター本試の大問5の問題本文(左)と設題(右)ですが、
明らかに、情報量は、問題本文よりも設題と選択肢が少ない。
設題と選択肢を先に読んで、問題本文を読み進めた方が、記憶と情報の摘出の効率がよい。

設題順に問題本文の答えが並んでいる

さらに、下図は、各設題の答えが問題本文のどの個所にあるかを示した図ですが、
設題の順番通りに、問題本文内に答えに関する文章が並んでいます。
(2016年センター本試の大問5も同じく、設題順に問題本文に答えが並んでいます。)

大問5の解き方

設題順に答えが並んでいるのだから、解く方法としては、

  1. 設題1と選択肢を読む(重要だと思う個所をマーク、メモもOK)
  2. 問題本文の先頭から設題1の答えを探して読み、答えが見つかったら解答
  3. 設題2と選択肢を読む
  4. 問題本文の先ほどまで読んだ個所から、設題2の答えを探して読み、答えが見つかったら解答
  5. 以下、同じことを繰り返す。

の順序で解けば、二度読みも減り、解答精度もあがります。

フォローする

 

お問い合わせ
無料体験授業
無料相談会

お気軽に【お電話】もしくは
【各フォーム】
にて、お願いします。

TEL 082-568-8081
電話受付時間 13:00 – 21:30 [日・祝日もOK]

無料体験授業
90分の授業を全教科無料で体験できます。
  
無料保護者相談会
学習、進学、受験などのご相談を承ります。


大学受験と苦手科目克服ための情報

苦手科目の克服や、志望校進学を真剣に考える方は、 ぜひ、この成績アップのポイントをご確認ください。 学習のヒントになると思います。
大学受験の勉強を始めるにあたって、まず、実施すべきことが4つあります。 必ずしも、「大学の受験勉強」=「難しい問題を解くこと」ではありません。 場合によっては、中学レベルにまで戻らないといけない科目もあるかもしれません。
苦手な科目を克服して成績を上げるためには、1つの大きな決断が必要です。 それは、 「その科目のいま現時点での学校の勉強の手を緩めてでも、苦手になったころの単元に戻って学習し直す」 という決断です。 難しい決断ですが、 早期にこの決断をし、行動に移さないと、苦手な科目の克服はどんどん難しくなります。
子供の将来のことや、大学受験、学習のことで悩みを持たれている保護者の方もたくさんいらっしゃると思います。 実際に子供の行動や発言、さらに定期テストや模試の結果を見てしまうと、そんな不安がどうしても意識に上がります。 勉強してないけど・・・大丈夫? こんな状態で大学に行けるの?
大学入試の方式が、2020年に改革されます。 2019年2月現在に高校1年生の人から、その改革の対象になります。 では、その改革がどんなもので、受験者に必要な能力や対処の方法、 さらには、個別指導塾フェイスがどのように対応しているかを紹介します。
 

塾へのアクセス

広島駅南口(在来線口)から徒歩5分
鴎州塾の2つのビルの間にある細長いビル(リヴァサイドビル)の6階が受付です。

個別指導塾フェイスの地図|広島の個別指導の塾フェイス

googleマップで見る

〒732-0821
広島市南区大須賀町13-11
リヴァサイドビル6f
個別指導塾フェイス
【広島駅南口から徒歩5分】
TEL 082-568-8081